« サイパン旅行記 -壱の巻- | Main | サイパン旅行記 -参の巻- »

サイパン旅行記 -弐の巻-

二日目 -曇りのち晴れ-
サイパンの紫外線は日本の4~5倍と聞いていたので、念入りに銀のアネッサを塗りこんでから、ホテルのバイキング形式で朝ご飯。豆腐の味噌汁があって感激。美味しかった。甘いサラミの様なソーセージにナポリタンを思わせるパスタ、サラダ、フルーツ、牛乳たっぷりのカフェオレ(自分で作る)をいただく。なかなかおいしい。ほかには私の大好きなグラノーラ&ヨーグルトにチェリーソースかけて。これが効いたのか毎朝快調でした(笑)
食事後にそのままホテルのビーチに出る。このときは涼しかった。足だけ浸したけど海水もずっと浸かっているには少々冷たい気がした。打ち上げられた海草と木の葉で真っ白い砂浜ではなかったけど、海の透明度は高く、明日の海遊びが楽しみになる。

060408_p1_2 サイパン一番の繁華街、ガラパンまではタクシーが無料。正確にはDFSギャラリアまで。ここでお客を降ろすと、タクシーの運転手はDFSからお代がもらえるというわけ。お客は取りあえず一旦入場処理をすればあとはすぐに出て行ってもOK。旅行者には助かるシステムだ。DFSまでは信号らしい信号がなかった。文字通りのノンストップで着いたと思う。

ぶらりと中を見て周る。MACでブラシを物色した後(実はメイクブラシ大好き。ほとんど化粧せんくせに(笑))、妹と甥っ子へのおみやげに目星を付けて、街ブラに出発。
友達に頼まれてるボージョボー人形と明日のためのマリンシューズのゲットが主な目的。DFSの道を挟んで目の前にあったABCストアでボジョボゲット。あと数品土産物を購入。残りはマリンシューズだ。外はピーカンでよい天気。さすがに暑い。しかし、汗が垂れて困ることはなかった。そういえば。明るいところで見ると田舎。南の島特有の建物の立ち方をしている。

 うっかり一番気温の高い昼間に街をうろうろしてたので、あわや熱射病状態になりかけ、慌ててモビーディックというシーフードレストランに入って遅めの昼食。060408_l_1
昼間は人がほとんど歩いてないし、店にも客がいない。ガイドブックにあったサーフィンものの充実してる店という紹介を信じてうろうろしてやっと探し当てたのに、マリンシューズに限って言えば品揃えがほとんどABCストアと一緒で、若干安いだけ。サイズも揃って無い。諦めてDFS付近まで戻ったら、ブランドスポーツショップをようやく発見。地元のショッピングセンターの並びにあった。普通にナイキやらアディダスのシューズが置いてある店。しかし、マリン系はやはり少なく、友達は結局隣にあったショッピングセンターで安いものを購入していた。そこでは私のサイズが無かったので、同じお金を出すならと思ってブランドものの店で購入した。こっちはサイズがあってよかったよ。ちなみにスピードという競泳水着でお馴染みのもので、$22ほど。2500円程度ならまあまあ。ナイキのはかっこよかったけど、かなり高かったし、女性用がなかったっぽい。これで、砂浜も海も水際は自由に闊歩できる。(ビーサンだと水の中は浮いてしまって非常に歩きづらい。かといって裸足だと海草を踏むわ、石を踏むわ、珊瑚を踏むわ、ナマコを踏むわでかなり危険。あると便利と沖縄の海で思ってたのだ。)

060408_p2 DFSに戻り、目星をつけたおみやげを買ったあと、ダイビングをしていた別の同僚2人と送迎バスが来るまでお茶することにした。DFSのHRCで添乗員にもらった無料ドリンク券使用。甘かったけど、疲れてたので生き返る。別の同僚二人は大人の店に入ったらしく、惚れ薬を買ったと見せてくれた。ほんとに効くのだろうか。その後どうなったか聞いてみよう(笑)
無料送迎バスに乗る直前で、先ほど立ち寄ったABCストアに売っていたゴザが欲しくなり、皆の制止を振り切って走って買いに行った。勢い込んで走り出したものの、想像してたよりも遠くてやはり失敗だったかと諦めの気持ちもよぎったが、ここで根性みせないと!っと頑張った無茶な私(笑) $1.99。このゴザは捨てずに持って帰りました。ピクニックに使えるもんね。

夕方食はホテルのビーチで懇親BBQ大会。それにしても黄昏時のビーチってなんて気持ち良いのでしょう。しばし、ビーチの白いプラスティック椅子で黄昏る。 060408_set

お約束のえらいさんのご挨拶の後、ちょうど夕陽が抜群にきれいなとこで乾杯。夕陽を眺めながらビーチで酒。。すばらしい!(こう書くとすげー呑ん平みたいですが、普段は一滴も飲みません。外に食べに出かけた時だけ飲むぐらい。そのときにどれぐらい飲むかですけどね(笑)) 酒は会社のおごりだったので、最初からワインを注文してもらいました。ビール飲めないし。白は冷えててさっぱりして飲みやすくて美味しかったな。サラダはバー形式で食べ放題。シーフードは焼けたら運んで来てくれる。もちろんビーチで焼いてくれてます。シーフード、かなり美味しかった!

盛り上がってるところで、さすらいのギターマン登場。リクエストに応えてくれる模様。大阪の同僚が突然「スピッツやって」と言い出し、びっくり。しかし、さすらいのギターマン、知らないと言う。歌える曲をあれこれ言ってくれたのでそこからチョイス。一応、日本語のフェイマスな曲は結構やってくれてたんだよ。長渕の乾杯、桜-独唱-、尾崎のI love you、坂本九の上を向いて歩こうなどなど。スピッツを知らんとはけしからんと同僚は怒ってましたが、後から「なんでスピッツ?」と聞いたら、奥さんがファンだそうで(笑) 奥さん来てないのに~奥さん思いなのか、洗脳されてるのか分からないけど、どちらにしてもよい傾向だ。奥さんを紹介してとお願いしときました(笑)

宴もたけなわになって来た頃、サイパンの猫を発見してしまい、さっそくエサ(伊勢海老)を少々持って追いかける。警戒してなかなか寄ってこないので、猫めがけて放り投る。そしたらちゃんともしゃもしゃ食べてくれた(*^.^*) 暑い地域によくいるほっそい猫でしたわ。
せっかくだからと星を見ようと水際まで出て目を凝らしていたら、今時分には珍しいオリオンと北斗七星がくっきりはっきり。そして流れ星に似た人工衛星も3つ見つけた。運がいい。人工衛星が見れたよと席に戻って自慢しても、地球と一緒に周ってるのになんで動くのかと言われて酔っ払ったアタマでは反論できず。今考えたら、その場に静止している衛星と地球の自転と一緒に周っているものと、それとは違う速度で周っているものもあるはず(だよね?)。 (後日調べて、はっきり見えるのはスペースシャトルとかミールとからしい。)

懇親会終了後、上司の部屋飲みに誘われたけど、取りあえず顔だけ出して(パターゴルフ大会になってた)、後輩と東京にお勤めの若夫婦とで外のバーに飲みに行くことに。二人の馴初めなどを肴に軽く1杯。仲良くってウラヤマでした(笑) おしゃれなバーで大人な雰囲気。ロングアイランドアイスティーというのを飲んだ。
060408_d 帰りにホテル近くのドーナツ屋に行って、シュガーレイズドみたいなドーナツをゲット。BBQのとき、自分の席ににほとんど居ないで猫をおっかけるか、同僚と話してたのでメインのお肉とかおにぎりとか全然食べてなかったのだ。なので小腹減り状態で早速食べちゃった(笑) ちょうどよい甘さで美味しかったな。
月は前の日よりも少し高い位置にありました。

つづく…

|

« サイパン旅行記 -壱の巻- | Main | サイパン旅行記 -参の巻- »

Comments

はーーーーーー‥‥‥。

旅行行きたーーーい。
つか、読んでてわたしも完全に行ってました、サイパン(笑)
楽しそう楽しそう!ミステリーツアー!
夕暮れ時のバーベキューなんざ格別ですねぇ。
くーーーっ!あー羨ましいっ。
続きが気になります!!

Posted by: kakosa | April 19, 2006 22:19

サイパンは近いし、オススメですよ。
田舎なとこがいい!!
三日目、午前中まで載せました。午後は土日に書きます。

Posted by: よりこ | April 20, 2006 23:15

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サイパン旅行記 -弐の巻-:

« サイパン旅行記 -壱の巻- | Main | サイパン旅行記 -参の巻- »